実習も必要な技術職|未来ケアカレッジの口コミを見てみよう|有利に駒を進めるには
婦人

未来ケアカレッジの口コミを見てみよう|有利に駒を進めるには

実習も必要な技術職

相談

併せて持てる資格もある

総合医療の専門学校では、各専攻で理学・作業療法などの医療ニーズが高い学びや、需要が伸びる言語聴覚士の資格取得が目指せる学びも展開中です。その学習の特徴として、言葉や聴こえ、嚥下障害を改善できる言語聴覚療法学が挙げられています。理解や問題解決などの認知活動を学校全体では取り組み、個々に対する授業改善も図られています。学年ごとに臨床実習も設け、短期・長期実習で4年次までに実戦力が養えます。言語聴覚士の授業の特徴として、科目はおおまかに一般教養、医療学の基礎、専門的な技術の体得です。実際の現場での実習をほぼ4年次に7・8割方持ってくることで、経験から身をもって医療職の責任を学生がしっかり図ることが期待されています。また、受験資格が得られる言語聴覚士のみならず、活かせる力となる福祉住環境やレクリエーションなどのスペシャリスト検定試験なども併せて習得できる利点もあります。

リアルな現場

言語聴覚士の資格を取得できる学校では、病院と同レベルとなる学内施設での実習による技術力の向上が評価されています。知識以上に、技術は体験や経験できる場所・機器が必要不可欠です。さらに近年、高度医療が展開され、医療機関で導入される機器や検査道具も最新鋭のモノが増えています。特に言語聴覚士は、生きるための嚥下障害にも携わるため、新旧の入れ替わりに対応できる施設や実習は評価されています。また臨床実習に関して、各専門学校では総合病院などと隣接や連携していたり、最適な環境の中での実習が実施されています。第一線の医療現場を知ることにも繋がります。リアルさを求め、実際の現場で情報伝達を行えるのも人気を集めている理由です。リハビリ関連職種の理学療法士などと参加するなど、得る情報が多い分、訓練に反映できたり情報交換の場としても評価されています。結果、言語聴覚士として直ぐに活躍、採用の期待が持てます。