幼稚園の先生とは|未来ケアカレッジの口コミを見てみよう|有利に駒を進めるには
婦人

未来ケアカレッジの口コミを見てみよう|有利に駒を進めるには

幼稚園の先生とは

文房具

充実したカリキュラム

従来、幼稚園と保育園は違う目的をもって運営されてきました。ですが、それぞれの持つ役割を一元化する「幼保一元化」が進んできています。保育園と幼稚園の2つの役割を持つ「認定こども園」も、国の推進により徐々に増えてきています。この流れのなか、幼稚園教諭の資格取得の学科がある大学も、卒業時に幼稚園教諭と保育士両方の資格を取得できるところがスタンダードとなってきました。幼稚園教諭と保育士の2つに加え、社会福祉関連の資格やベビーシッターなどの資格を取得できる大学や、ピアノや歌などの幼児音楽を学べる大学もあります。各大学ごとに特色があり、カリキュラムが充実しています。楽器が苦手なら音楽のカリキュラムが充実しているところなど、自分の目的にあったカリキュラムがある大学を選ぶといいでしょう。

教諭免除の種類

幼稚園教諭になりたいと思った時、どのような点に注意して進路を選べばいいのでしょうか。幼稚園教諭になるには、国家資格である「幼稚園教諭免許状」を取得する必要があります。教諭免除は、大学院で取得する「専修」、4年制大学で取得する「1種」、短大や専門学校で取得する「2種」の3種類に分かれます。この業務は1種ならできるけれど2種ではできないなどの、教諭免許の種類による業務の差はありません。しかし、2種は短大卒で1種は4年大学卒となるので、初任給は1種の教諭免許を持っている方が高めに設定されていることがほとんどです。また、将来、管理職を目指したいという場合には、1種以上の教諭免許を持っていることが必要となるので、将来のプランを踏まえてどの種類の教諭免許を取得するか考えましょう。